🌸報恩講。親鸞聖人ご命日法要🌸

報恩講 いのち開かる 聖人の

おしえに集う 男女菊

我も我もと こぼれんばかり

(釈尼妙秀 心の自由句?。。。)

🌸博様、菊鉢、ありがとうございました。🌸

 

浄土真宗を顕かにされた親鸞聖人は、一二六二年(弘長二年)十一月二十八日
(1262年11月28日)に九〇歳のご生涯を閉じられました。
報恩講とは真宗門徒にとって一年の中でもっとも大切な仏事で、
宗祖親鸞聖人の御祥月命日までの一週間に勤められる法要です。

宗祖親鸞聖人の教えに遇い、自らの依りどころを教えていただいた御恩に報謝し、
教えを聞信して、ともに念仏申す身となっていくことを誓います。

当山、富田の無量壽寺では、11月10日、日曜日、ご法要いたしました。
午前中は、当山歴史上始まって以来の役員会を開催し、お斎を頂きました。
総代様、役員の皆様、ご意見を沢山いただき、審議してくださり、誠に有難うございました。

また、早朝から、お斎(精進料理)の準備にお手伝いくださいました、奥さま方にも、
心から感謝を申し上げます。

お陰様で、たくさんの方に、伝統のお斎(お食事)を食べていただくことが出来ました。
お野菜、お米、煮豆、里芋の下ごしらえなど、
用意してくださった皆様のお気持ちは大変有り難く、

深くお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。🌸

??お料理の準備、支度、配膳、定枝様、和枝様、とき子様、正子様、貞子様、恵美子様、
心のこもったお料理を作ってくださり、誠にありがとうございました。🌸

??お帳場、三夫様、好様、孝志様、いつも以上の人の多さにも、丁寧に対応してくださり、
誠にありがとうございました。🌸

??桂三様、こんにゃく、ありがとうございました。

黒塗り茶碗の本膳でお出しいたします。

 

定枝様がおつくりくださいます、おつぼ豆は、本当においしい!!?です。
これは、次の日に撮影したおつぼ豆です。片栗粉のとろみが白くなってしまいましたが、
当日は、澄んだ透明のとろみにつつまれた、柔らかく煮てくださったおまめさんと
、程よい優しい甘みに、
心身のこわばりが、すうううっと解けました。🌸
五〇年近くお手伝い下さる、女性部代表、定枝様がご自宅で、御豆をより分け、煮てお持ちくださりました。

?お寺の歴史と共におささえくださり、本当にありがとうございました🌸

 

朝、四時から、作りました。親鸞聖人の好きな小豆をいれて、御赤飯です。
100人前作りました。なんと!昨年の倍!やればできる!やればできる!ヾ(≧▽≦)ノ
この度の御赤飯の出来はいかがでしたか?ドキドキ・・・
挑戦は、まだまだ続きますよ🌸

 

皆様、参拝、聴聞、誠に有難うございました。🌸

 

わたくしは、導師のご法話前の前座です!🌸
ご案内通り「女人往生証拠」の御掛け軸についてお話させていただく予定でしたが、
気持ちがかわり!!
聖人様の「鏡の御影」御掛け軸を前に、聖人様のお顔の特徴などお話をさせていただきました。🌸
さて、これは、お顔のどの部分について、お話しているのでしょうか。(*^-^*)

お顔にこれがあるのとないのでは、かなり印象が変わりますね。
太かったり、細かったり。。。書くこともありますね。
さて、わかりますか?答えは、後程、blogの方で(●^o^●)お楽しみに🌸

 

穏やかな秋空のもと、報恩講という大切な法要におまいりくださり、
令和元年かけがえのない、尊いお時間を共にいただけましたこと、
心から感謝を申し上げます。素晴しい、ご法要となりました。

誠に、ありがとうございました。

 

親鸞聖人作

如来大悲の恩徳は 身を粉にしても 報ずべし
師主知識の恩徳も 骨を砕きても 謝すべし

 

なむあみだぶつ